Offering Board Company | オファリングボードカンパニーは手書きアート看板のネット販売ショップです。

スタッフブログ

Staff Blog

出世を望まない若者たち

出世したくないと考える20代、30代が増えているとよく耳にします。
私もそうだったので気持ちが良くわかります。
当時を思い出して、若かりし僕の出世したくない気持ちランキング

1位 自分の時間を大事にしたい
2位 管理職など責任を負う仕事をしたくない
3位 仕事内容を変えたくない

こんな考えでした。
多少の給料アップと引き換えに責任が上がって時間も取られる。悪いことばっかりじゃないかって本気で思っていました。
上司や社長と話をするのも面倒くさい。
営業予算も上がるし・・・

でも、この考えは非常に危険だと年を取ると良く分かります。
30代前半までは何とかなるかもしれませんが、40代に入ると手遅れなんてこともよくある話なんです。

経営者側の立場に立ってみれば、理由は一目瞭然。
若いうちにできる仕事は、別の若い人でもできる。
なので、給料が高い40代、50代のベテランである必要はないという事なんです。
また、給料がそれほど高くなかったとしても、体力は絶対に若い人と比べれば劣っていきます。であれば、若い社員のほうが会社にとって都合が良い。という理屈。

しかも、出世を拒むということは、会社の考えに逆らう人物です。
若い可能性のある社員と面倒くさい社員(今後の生産性が低いことが分かっている社員)
どちらが欲しい人材か言うまでもありません。

出世したくない気持ちは十分わかりますが、意外と早く年を取ってしまいますので、自分の能力アップの為と割り切って新しい環境を受け入れたほうが結果的には正解だと僕は思います。

大企業でも40代50代の希望退職募集の嵐です。
希望退職とは名ばかりでリストラです。
ちゃんと上層部はリストを作って、個人攻撃をしてきます。

企業に入ったのだから、企業側の意図を考えて行動しないと痛い目に合うってことです。
将来転職するつもりだったとしても、少しでもスキルアップする仕事をしておいたほうが、結果的に自分の価値を高める行動になると思います。

なんとなく昔の事を思い出して、真面目な事を書いてしまいました。