Offering Board Company | オファリングボードカンパニーは手書きアート看板のネット販売ショップです。

スタッフブログ

Staff Blog

政府がGOTOキャンペーンをやりたい理由(二階幹事長の指示以外)

最新の(2018年)統計局のホームページを見ていたら政府がGOTOキャンペーンを何が何でも続けたい理由の1つがわかりました。

ネットショッピングの利用内訳の中で旅行関係費の割合が1番多いからなんです。

2018年のデータですが、1か月に平均3,083円旅行費に使っています。年間約40,000円ですね。
支出金額を費目別構成比でみると、旅行関係費が24.4%と最も高く、次いで、食料、衣類・履物の順となっています。(表1)
このデータはネット経由での支出ですので正確な旅行費ではないのですが、支出の構成比が一番高い項目が旅行だということがデータで示されています。

表1 世帯主の年齢階級別ネットショッピングの費目別金額と構成比(2018年)

            支出金額(月平均額 円) 構成比(%)
            平均 40歳未満 40~49歳 50~59歳 60~69歳 70歳以上 平均 40歳未満 40~49歳 50~59歳 60~69歳 70歳以上
旅行関係費 3,083 3,385 4,113 4,659 3,122 1,348 24.4 19.2 22.1 25.6 27.5 24.4
食料 1,721 2,512 2,511 2,409 1,456 884 13.6 14.2 13.5 13.2 12.8 16
衣類・履物 1,409 2,538 2,502 2,064 1,049 435 11.2 14.4 13.4 11.3 9.2 7.9
教養関係費 注1 1,298 1,736 1,926 2,132 1,101 475 10.3 9.8 10.3 11.7 9.7 8.6
家電・家具 1,024 1,481 1,596 1,342 969 436 8.1 8.4 8.6 7.4 8.5 7.9
保健・医療 620 481 741 846 617 444 4.9 2.7 4 4.6 5.4 8
贈答品 535 898 638 669 521 311 4.2 5.1 3.4 3.7 4.6 5.6
保険 502 921 743 610 429 261 4 5.2 4 3.4 3.8 4.7
その他 注2 2,420 3,706 3,853 3,469 2,085 932 19.2 21 20.7 19.1 18.4 16.9
合計  12,610 17,658 18,624 18,201 11,350 5,526  100.0 100 100 100 100 100
ネットショッピング利用1世帯当たりの支出金額 32,056 28,182 31,566 33,943 32,862 31,143
ネットショッピング利用世帯数分布 (1万分比)(1) 3,919 464 944 1,028 969 513
世帯数分布(1万分比)(2) 10,000 743 1,603 1,922 2,823 2,910
ネットショッピング利用世帯割合(%)((1)/(2)×100) 39.2 62.4 58.9 53.5 34.3 17.6

(注1)教養関係費
   「書籍」、「音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト」、「デジタルコンテンツ」及び「チケット」を合計しています。
(注2)その他
   「化粧品」、「自動車等関係用品」及び「上記に当てはまらない商品・サービス」を合計しています。
総務省統計局https://www.stat.go.jp/info/today/141.html

図1 ネットショッピング利用世帯の割合の推移(二人以上の世帯、2017年1月~2020年6月)

物販需要はコロナ騒動でも落ちることはありません。反対に巣ごもり需要でどんどん増加しました。
逆に、旅行は緊急事態宣言の後の自粛ムードの雰囲気でしたので、GOTOでテコ入れしないと壊滅することが確実でした。
外出自粛の雰囲気がマックスだったのをGOTOトラベルで払拭したかったんだと思います。
世帯当たりの1/4の支出がなくなれば大量の雇用が確実に消失してしまうことが目に見えていました。

旅行は支出の裾野が非常に広いんです。
前準備の段階で、地元でカメラやカバン、衣服などを新調する可能性があります。
移動で飛行機や電車を使うかもしれません。車の場合はガソリンや高速料金も使ってくれます。
旅行先では比較的高価な料理を食べてくれますし、お土産も定価で買ってくれます。
旅先での移動でバスや電車、ロープウェイ、タクシーなど利用するかもしれません。

旅行先では誰もが財布のひもが緩むものです。
これを税金で刺激したかったんだと思います。

旅行業を頂点にした総合的な消費刺激と裾野の広い雇用対策を35%の税金投入でできる政策
がGOTOトラベルの狙いだったのでしょう。

だけどマスコミと野党が政府たたきの材料に使われてしまい、国民に真意を伝えることができないうちにコロナの第3波に飲み込まれてしまった。
というところなんだと思います。

僕個人はGOTO賛成派です。
今の段階ではすべての人が感染しているかもしれないという気持ちでマスクと手洗い、3密回避を徹底しながら経済を元に戻すことが大事なんじゃないでしょうか。