Offering Board Company | オファリングボードカンパニーは手書きアート看板のネット販売ショップです。

スタッフブログ

Staff Blog

娘の送迎について(父親の気持ち)

先日の日曜日に中2になる娘とその同級生2人を映画館に送り
終わりの時間に迎えに行ってきました。

こう書くと
使われている父親っぽいなとか
親って大変そうだな・・・
なんて独身の方は思うかもしれません。

僕もそう思っていましたから。

でも、実際にやってみると想像と真逆で、楽しいイベントなんです。
普段見ている娘と違った姿を見ることができるし、父親として頼られている(?)って思うことができて嬉しもんなんですよ。

後部座席に3人乗せて送り迎えをしたのですが、友達との会話を聞くのが新鮮で楽しかったですね。

当然、親の車の中なのでマックステンションのガールズトークではないでしょうが、
それでも娘の友達通しの中の立ち位置だとか、口調とかが分かって非常に面白かったです。

映画の終わりは、特にテンションが高く感想を言い合っていたので、なおさら素の表情が見えて良かった。

外から見ると、娘に使われてあのお父さん大変だなって思われるかもしれませんが
意外と楽しいもんなんですよ。

ちなみに娘たちはジャニーズの「美少年」ファンだったので
浮所飛貴君主演の「胸が鳴るのは君のせい」を見に行きました。